« 原北稽古(187) | トップページ | 東日本大震災(1995) »

2013年6月28日 (金)

小林道彦・黒沢文貴編著「日本政治史のなかの陸海軍」ミネルヴァ書房

小林先生は 北九州市立大学 黒沢先生は 東京女子大学 の教授です これも6000円学生のテキストにするには高いぞぉ

明治維新期の政軍関係 日清・日露戦争と陸軍官僚制の成立 児玉源太郎と統帥権改革は小林先生 大正・昭和期における陸軍完了の「革新」化は黒沢先生

海軍省優位態勢の崩壊 国家総力戦への童貞 じゃない道程 日本海軍の戦争指導と社会科学者・技術官僚の役割 

|

« 原北稽古(187) | トップページ | 東日本大震災(1995) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林道彦・黒沢文貴編著「日本政治史のなかの陸海軍」ミネルヴァ書房:

« 原北稽古(187) | トップページ | 東日本大震災(1995) »