« とりあえず色んなニュース | トップページ | 東日本大震災(1991) »

2013年6月26日 (水)

山形進編著「主権国家体型の生成」ミネルヴァ書房

編著者は 東大→マサチューセッツ工科大 そして東大大学院の教授です 専門は国際関係論

中世後期ヨーロッパと先進地域イタリア イタリア国際体系の展開 ヨーロッパ国際体系の始動 つまり ローマ帝国の残影があったということかな

ウェストファリア国際体系の実像 近代主権国家の成立へ 神聖ローマ帝国の消長とその理論 ロシア帝国とオスマン帝国のヨーロッパ国際体系への参入 

条約からみた近世ヨーロッパ国際体系の変容 理念としての主権国家体系の形成と浸透 こんな構成で6000円だって 学生のテキストにするにはチョット

|

« とりあえず色んなニュース | トップページ | 東日本大震災(1991) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形進編著「主権国家体型の生成」ミネルヴァ書房:

« とりあえず色んなニュース | トップページ | 東日本大震災(1991) »