« とりあえずニュースを | トップページ | 東日本大震災(1811) »

2013年3月13日 (水)

仏独八日間 国境は列車で・・・

JTBの主催です 四月四日 五月二・二十三・三十 六月はすべての木曜 七月は四・十八日 三十一万円台から三十八万円台 サーチャージは込み 空港税は約1万3000円です 成田からルフトハンザで出発 イカレタ検査官のいるフランクフルト経由なのかなぁ パリには夜到着

二日目は でモンサンミシェルに移動 ランチの頃に到着してオムレツを 五月二・三十と六月十三日以降の出発は ガイドによる干潮の砂浜散策があります 新しい趣向ですね 夕食は魚料理と のタルトだって

三日目 パリに戻ってベルサイユに二時間 エッフェル塔や凱旋門 シャンゼリゼは車窓のみ 夕食は牛肉のワイン煮込みです 四日目がハイライト フランクフルトまでの列車の旅 五百キロを四時間 在来線だけど 日本よりはスピード速いのよね 昼食は車内でサンドイッチ

フランクフルトに着くと 六十四キロ離れたリューデスハイムにここではワインの試飲も 五日目は ライン川のクルーズを約百分 ザンクトゴアで上陸してローテンブルクまで二百七十キロの移動 ここに宿泊します

六日目はノイシュバンシュタイン城を見てミュンヘンまで 約三百八十キロの行程 七日の午後四時にルフトハンザで成田へと この時間でもミュンヘンで自由行動というのはないみたい・・・ 八日の朝十時過ぎに帰国です

|

« とりあえずニュースを | トップページ | 東日本大震災(1811) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏独八日間 国境は列車で・・・:

« とりあえずニュースを | トップページ | 東日本大震災(1811) »