« 元宮崎県知事さんは・・・など | トップページ | 東日本大震災(1627) »

2012年11月29日 (木)

種村直樹編著「新 国鉄二万キロの旅」廣済堂

Type415昭和五十八年 もう三十年も前の本ですねぇ 当時は国鉄 245線区で2万1396キロを営業してました ちなみに ⇒はJRになる直前の小倉駅 今はこの上に人口地盤の改札がヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

種村氏は以前紹介した「鉄道が好き」にも登場 その後輩にあたる 辻聡氏が東日本 松尾定行氏が西日本を担当しています 当時流行った乗りつぶしのチェックにも使えるように地域ごとに細かくそして線区の地図も(*^ー゚)bグッジョブ!!

それで・・・赤字ローカル線の廃止問題で 一次 二次という具合に 私の住んでいる近くでは 一次が香月・室木・添田・勝田 全て廃止に 二次は漆生・上山田・佐賀・松浦 この中で松浦は第3セクターの松浦鉄道になったのよねΣ(;・∀・)

|

« 元宮崎県知事さんは・・・など | トップページ | 東日本大震災(1627) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種村直樹編著「新 国鉄二万キロの旅」廣済堂:

« 元宮崎県知事さんは・・・など | トップページ | 東日本大震災(1627) »