« 東日本大震災(1552) | トップページ | ゴージャスにドバイ 六~八日間 »

2012年10月22日 (月)

緑間 栄 「尖閣列島」 

昭和五十九年に発行された本です 著者は昭和八年に沖縄で生まれ 愛知大学の学部と修士で法律を専攻 沖縄国際大学の教授を務めたそうです∑(゚∇゚|||)

琉球と中国を結ぶ航路の目印 琉球を日本に編入したときの手続き 国際法上の先占理論という風に 石油資源という観点からは当時で決着図る必要があったのかなぁ と読んだ感想(;´▽`A``

昨今の状況だと もしかしたら 沖縄は 琉球として 独立したほうが という意見もねぇ そのときに領域をどうするのか これは琉球の政府が主体かなモジモジ(。_。*)))

Yanai 蛇足になってしまうけど・・・ ソーラーは本日 1万1217kwh 天気が下り坂なのが響いたなぁ 風は10メートル弱で 3万203kw 累計で30万2156kwhですφ(・ω・ )メモメモ

|

« 東日本大震災(1552) | トップページ | ゴージャスにドバイ 六~八日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑間 栄 「尖閣列島」 :

« 東日本大震災(1552) | トップページ | ゴージャスにドバイ 六~八日間 »