« 柳条湖事件から八十一年 など | トップページ | 東日本大震災(1485) »

2012年9月19日 (水)

フィンランド サンタとオーロラで6日間

11月から3月にかけて 24回催行されます オーロラを見るには 新月のほうがいいのですが これにあたる出発は1月9日と2月8日のみ お値段は20万円台から30万円台 サーチャージ込で空港税約4000円は別

関空を正午前にフィンランド航空で出発 ヘルシンキ乗継でイバロという所には夜到着 25キロ走ってサーリセルカのホテルに ホテル周辺の明かりが少ない場所からオーロラの出現を待つわけですが 防寒具のレンタルサービスというのがあります 3泊分で9000円

2日目 3日目と1日自由行動です それで・・・犬ぞり体験サファリなるものが 2時間半で1万7000円 ただし11月16・23日の出発ではありません たぶん雪が・・・ 夜はオーロラのチャンスを しかし昼はどう過ごすんでしょ ショッピングとかスキーとか

4日目の昼前にサーリセルカを出発して 282キロ離れたロバニエミへ ここはサンタの故郷 サンタクロース村を訪ねるのは別料金なようで ショッピンクとかして 夜はヘルシンキに向かう夜行列車サンタクロースエクスプレスに 二人用個室で2段ベッド 洗面台はあるけどシャワーは共用です 12時間の鉄路の旅

5日目は テンペりアウキオ教会 元老院広場 ヘルシンキ大聖堂に 2時間の散策タイム 午後5時過ぎには関空へ向かって飛び立って 朝10時過ぎに帰国です

|

« 柳条湖事件から八十一年 など | トップページ | 東日本大震災(1485) »

コメント

北欧人と日本人は気が合いそうなんだけど、日本はイギリスを真似るより、北欧真似るべきなのにね。消費税は上げても医療費は安いとか。今の日本はら消費税よりも医療費を先に上げたからね。わたしなんか三分の1も税金で取られてるもん。まだまだ、社会主義には、ほど遠い、てこ、社会主義は理想にすぎないが、わたしの持論。

投稿: ミッチ | 2012年9月19日 (水) 20時35分

スウェーデンの福祉国家は 経済学の「左寄り」研究者がテーマにしたりしてましたねぇ
社会保障も ビスマルクが 「社会主義の誘惑」から大衆を遠ざけようとして 取り入れたとか・・・

投稿: イワノブッチ | 2012年9月19日 (水) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィンランド サンタとオーロラで6日間:

« 柳条湖事件から八十一年 など | トップページ | 東日本大震災(1485) »