« 東日本大震災(1220) | トップページ | 東日本大震災(1221) »

2012年5月18日 (金)

アンデス雲の列車なるものが・・・

Ana_b787 四月三十日から十月一日まで 月一回のペースで六回 六十九万円台から七十九万円台です 成田からアトランタに 五時間待ちで ブエノスアイレスには 二日目の朝八時 ⇒なら成田から直行できるのかな 国内線乗継で夕方に面倒さ じゃないメンドーサm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

三日目は市内の観光と ランチをワイナリーで アルゼンチンワインの産地なのね そして四日目は メンドーサから空路サルタに アンデスの山に囲まれた標高千二百メートルの年で 大聖堂とか考古学博物館に 五日目は百八十キロ離れたカファジャテ渓谷に往復 ワイナリーにもc(>ω<)ゞ

六日目がハイライト 雲の列車に乗って 七時間かけて二百二十キロ移動 サンアントニオ・コブレスというところに ここが標高3773メートルで富士山とほぼ同じ さらに高度4220メートルの最高地点にある カーブしている高架橋まで ここが終点らしい そしてサンアントニオ・コブレスまで戻ると ブルママルカまで120キロ 標高2200メートルまで下ります 途中大塩湖 サリナス・グランデに(≧∇≦)

7日目 七色の丘で朝日を拝みます それからブルママルカを散策して 馬若警告まで往復180キロ ここにもインカの移籍があるとか 8日目はブルママルカから約100キロのサルタに 空路ブエノスアイレスに 夜はタンゴショーです 9日目は午前フリー 午後に竹刀観光をして 夜8時に帰国の途に 成田には11日目の午後5時に戻ります(;´▽`A`` 

|

« 東日本大震災(1220) | トップページ | 東日本大震災(1221) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンデス雲の列車なるものが・・・:

« 東日本大震災(1220) | トップページ | 東日本大震災(1221) »