« 関越道でバス事故 などなど | トップページ | 東日本大震災(1178) »

2012年4月29日 (日)

バルト三国の八日間

四月十五日から十月二十一日の間に 二十二回催行されます 全て日曜日の出発 そして 予算は二十八万円台から四十三万円台まで サーチャージは込みだけど 空港税約五千円は別です

成田を午前十一時にフィンランド航空で出発 ヘルシンキ乗継で リトアニアのビリニュスには夕方の到着 二日目はトラカイ城に そしてビリニュス市内の観光では 杉原千畝の記念碑にも 夕食はジャガイモを使ったツェペリナイという料理

三日目はビリニュスから約百キロのカウナスに ここに杉原千畝ゆかりの旧日本領事館があります それから約百五十キロ走って十字架の丘に さらに約八十キロ離れた ラトビアのリガに 

四日目は ルンダーレ宮殿を見て リガ市内の観光です 五日目は シグルダ城址やトゥライダ城を見て ランチはツーカス・ツェペティスという ローストポーク そしてエストニアのタリンに ここまで約三百四十キロの走行

六日目は午前にタリン市内の主要スポットを見て午後はフリー 七日目の午前にタリンからヘルシンキまで約二時間のバルト海クルーズです そして午後五時過ぎにはフィンランド航空で帰国の途に 成田には八日目の朝九時前に戻ります

|

« 関越道でバス事故 などなど | トップページ | 東日本大震災(1178) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルト三国の八日間:

« 関越道でバス事故 などなど | トップページ | 東日本大震災(1178) »