« 東日本大震災(605) | トップページ | 東日本大震災(606) »

2011年10月 4日 (火)

ノーベル賞発表直前に

受賞者が お亡くなりになってたんだって 生理学賞 すい臓がんを自分で治療しながら 六十八歳で

規定では 生きている人にしか与えないとなっているけど・・・タイミングがねぇ 選考している段階では 生きていたからということになるみたい そうでないと賞金の問題が

生理学賞は 「凶徒」大学のマウンテンミドル教授が有力視されていたんだけど 受賞に値する仕事と その評価のラグがありすぎるのもね 平和賞は最近「それで活動をやりやすく」という側面も出てきたけど

|

« 東日本大震災(605) | トップページ | 東日本大震災(606) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞発表直前に:

« 東日本大震災(605) | トップページ | 東日本大震災(606) »