« 東日本大震災(622) | トップページ | 東日本大震災(623) »

2011年10月10日 (月)

フランス南西部のツアー八日間

マダ 今月は十四日と二十八日に出発日が残ってます 四月は39万円台 八月には56万円台と 初日は成田を正午前に全日空機で出発 どこかで乗り換えてツールーズに そりゃエアバスの本拠だもん ボーイングだと地対空ミサイルでお出迎え

二日目はツールーズから百十キロ離れたカルカッソンヌに城塞都市のようで ランチはカスレという白インゲンと肉を煮込んだ料理です それから百十三キロ走って 赤い家並みが続くアルビに ここに泊まって 三日目は二十五キロ離れた コルド・シュル・シエルに「天空の町」と呼ばれているそうです ラピュタじゃないよぉ

次は八十七キロの道のりでカオールに それから二十六キロ走って 断崖の上にあるサン・シル・ラボビーを見て 四十六キロ離れたフィジャックに投宿です 四日目は五十三キロ移動してコンクという聖地に 聖少女フィアの遺骸を収めた教会に それから百三キロ走ってマタ断崖に貼りつくように建てられたロカマドールという街に

さらに七十二キロ移動して レゼジーという村にある「ホテル・ル・サントネール」にここは二連泊です 五日目はラスコーⅡ 有名な壁画のレプリカがあるとか 午後はドルドーニュの川を帆船でクルーズして ベイナックという城にも 六日目は九十五キロ走ってボルドーワイン産地のサン・テミリオンに ランチは鶏のワイン煮込みだそうな それから四十一キロ離れたボルドーへと

ボルドーからフランス新幹線で三時間二十分 パリは「プルマン・モンパルナス」に投宿します ここは地下鉄でコンコルド広場やエッフェル塔に乗り換えなしでアクセスできるし 市バスでルーブル美術館にも ヤッパリ地上を見ながら行かないとねぇ というわけで七日目はフリータイム 八日目の昼過ぎにパリを出て あれぇ直行じゃないのかな 乗継で成田に九日目の午後帰着です

|

« 東日本大震災(622) | トップページ | 東日本大震災(623) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス南西部のツアー八日間:

« 東日本大震災(622) | トップページ | 東日本大震災(623) »