« 東日本大震災(593) | トップページ | 東日本大震災(594) »

2011年9月30日 (金)

釜山の花火大会を船の上からだってさ

そりゃ スリ 痴漢がウヨウヨしてそうなところに行くよりも そんなに祖国がいいですかぁ と言われちゃうぞょ

まず十月二十二日に行われる アメリカ・ポーランド・中国・日本が競演する四万五千発 十月二十日に出発するのと二十一日に出発するコースがあります 二十一日だと二万六千九百円 一日早いとプラス九千円 十二時半に博多を出て午後六時釜山入港 そしてホテル 祖国滞在を長くする人はフリータイムね キーセンとか 本物の拳銃を撃てるところとか

そして二十二日の午後七時に釜山を出港 一時間後に広安里付近に停泊して 一時間鑑賞 それから博多へと向かって日曜の朝帰国 その一週間あとには 釜山マルチ花火ショー こちらは八万五千発 二十九日の十二時半に博多を出て 夜七時に 広安里へ ここから花火を見て 夜十時前に釜山入港してホテルです

日曜をフリータイムで過ごして 月曜の朝戻る場合は三万千九百円 火曜の朝に戻るコースは一万二百円アップ ところで船は「ニューかめりあ」で 博多港のターミナル利用料が大人500円 釜山のほうは港の税に出国税を合わせて3200ウォン レートは100ウォンが8円だとか あと燃料サーチャージが 博多側で1000円 釜山側で1万ウォン

|

« 東日本大震災(593) | トップページ | 東日本大震災(594) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釜山の花火大会を船の上からだってさ:

« 東日本大震災(593) | トップページ | 東日本大震災(594) »