« 福岡からフィリピンに | トップページ | 東日本大震災(565) »

2011年9月19日 (月)

東日本大震災(564)

またまた「放射能差別主義者」による妨害が起きたり・・・ 小倉で日本原子力学会の総会があって「安全神話を信じすぎた」という反省の弁がでたり 原発担当大臣が国際原子力機関で「原子炉の冷温停止は年内に前倒しできる」と言ったり

南三陸 避難は48人で 町内には8人だそうです

今日も 死者・不明の新たな数の発表はありませんでした

渋谷区 郡山に物資を 毛布 タオル 石鹸 おむつ(大人 こども) そして岩手県や石巻にも 職員の派遣は 南三陸 気仙沼 仙台に 帰宅困難者対策としては 区民を区立の小中学校に避難させるのと別にして 青山学院大に1万人 代々木競技場に1万3000人 という方向だそうで 3月に保育園の子供向けの水として 静岡県とか長野県から支援をもらったとか そして7月時点の放射能の値が 0.06~10 だったと

富士通 小山工場と那須工場の操業には影響なし 会津は停止したけど6月には通常に 伊達も島根に一時移管したけど 6月には再開 宮城は九州とか中国の江蘇省に代替してもらったけど これも6月には回復と

国土交通省 9月21日に 震災時に首都圏の鉄道を運転再開させる方策についての競技会を行うとか それと空港の放射能測定 これはずっと行われてます 成田と茨城が0.09 羽田と仙台が0.06 関西は0.04 新千歳と福岡は0.03 それで福島は・・・0.30

|

« 福岡からフィリピンに | トップページ | 東日本大震災(565) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災(564):

« 福岡からフィリピンに | トップページ | 東日本大震災(565) »