« 東日本大震災(391) | トップページ | 東日本大震災(392) »

2011年7月 6日 (水)

国鉄改革 -鉄道の未来を拓くために-

Type415 部屋の整理をしていたら 出てきましたぁ 古文書が 昭和六十年に発行されたもので 日本国有鉄道監理委員会の監修です┗(^o^)┛パーン

国鉄がJRになった経緯を話すとこれまたシリーズものになってしまいます 東海道新幹線の開業したときに赤字転落して それから累積赤字がドンドン そういえば 電力をどうするかも原発事故の補償がからんで同じような改革が必要になるかもねぇ もっとも地域分割は行われているけど((w´ω`w))

国鉄経営の破たんは 公社であったために外部からの介入を受けやすかった そして経営という視点が幹部に欠けてしまった 労使関係の問題 事業多角化が民営のように出来なかった という原因が挙げられてます┐(´-`)┌

改革にあたってはそれこそ山のような課題がありますが 組織というのだけ挙げてみると 技術研究所と労働科学研究所を統合して新しい研究所にすること 通信部門については別会社に移す これは日本テレコムというのに・・・ それと鉄道公安という司法警察権を持つ組織をどうするか という具合にヾ(;´Д`A

|

« 東日本大震災(391) | トップページ | 東日本大震災(392) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄改革 -鉄道の未来を拓くために-:

« 東日本大震災(391) | トップページ | 東日本大震災(392) »