« 東日本大震災(295) | トップページ | 東日本大震災(297) »

2011年6月 3日 (金)

東日本大震災(296)

雲仙普賢岳の火砕流で43人が亡くなって丁度20年です 収まるまでヒゲを剃らないと決めた市長さん 健在だったんですね

海保のレポートでは 船が二隻減って50隻に 航空機も一機減の 17機 遺体は236で変わりません

確認された死者は 1万5341 昨日より14増 不明は 8298 45減 

知人が 九州の大学から名城大学に 移ってました それで 節電対策は エスカレーター停止 自動販売機撤去 クールビス 照明や空調も削減 研究のほうは? あ プロフェッサーには昇進されたから それと学生36人が昨夜出発して 気仙沼の離島に瓦礫撤去のボランティア 日曜の夜に戻るそうで 「出席が少ないのは目をつむるから」とでもしてませんよね

|

« 東日本大震災(295) | トップページ | 東日本大震災(297) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災(296):

« 東日本大震災(295) | トップページ | 東日本大震災(297) »