« 東日本大震災(310) | トップページ | 東日本大震災(311) »

2011年6月 8日 (水)

自然エネルギーの可能性

ドイツは脱原発を明確にしました 温暖化ガス削減や産業の競争力維持と両立させると宣言してます こないだ九電のエネルギー館から拾ってきたパンフを

太陽光 大牟田の石炭火力の跡地に 一万四千枚のソーラーパネルを並べた発電所 去年十一月からスタートしました 出力 三千キロワット

九重には日本最大の地熱発電所があります 五万五千キロワットが二基 鹿児島にも三万キロワットが二基 なんせ火山列島ですからねぇ

風力 鹿児島県の南さつま市の野間岬に 三百キロワットが十基 ただし台風になると停止するそうです

しかし 出力がねぇ ちなみに新小倉発電所にはLNGを燃やす火力発電で 六十万キロワットが三基 あらぁ桁が全く違うわ

|

« 東日本大震災(310) | トップページ | 東日本大震災(311) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然エネルギーの可能性:

« 東日本大震災(310) | トップページ | 東日本大震災(311) »