« 東日本大震災(108) | トップページ | 東日本大震災(109) »

2011年4月 6日 (水)

医療観光ってどうなのぉ

原発事故で 日本への渡航を見合わせる状況が続いています 九州の観光地もガッカリ

そうそう 観光の目的って 風物を見るだけでなく スポーツの観戦とか 病気の治療や 診断のためというのもあるようで・・・ 百道に出来た まるでホテルのような病院も そんな海外の患者を受け入れるのが狙いだったり

今は 放射能を浴びに行くようなものと思われているかもしれないけど 西日本は大丈夫ですよぉ 小倉記念病院の延吉先生は心臓治療では世界的にも

日本が外貨を稼ぐ方法の一つということになるのかなぁ 一方で川原先輩のようにボランティアも K倉高出身のドクターでも 「お坊さんの出番」を早くした人は一人や二人ではないはず

|

« 東日本大震災(108) | トップページ | 東日本大震災(109) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療観光ってどうなのぉ:

« 東日本大震災(108) | トップページ | 東日本大震災(109) »