« 東日本大震災(34) | トップページ | 西鉄のIC乗車券(30) »

2011年3月19日 (土)

東日本大震災(35)

気仙沼で 8日ぶりに救出された人がいたそうです 詳細はわかりませんが 津波で壊れた建物から 寒い日が続いてたのですが

原発の波紋が 徐々に・・・・・・ スターフライヤーの外国人キャプテン(アメリカとロシア)が休暇からの帰国が出来なくなって 便の削減を余儀なく そして全日空は中国で貨物の放射能汚染を理由に持ち帰りをさせられて

文部科学省のサイトによると 学校関係で死亡した人が 宮城で40人 岩手で12人 三陸の学校は高台に作られていたのが幸いしたのかな 休校になっているのは 青森 89 岩手 19 宮城 783 福島 894 茨城 958 千葉 114 東京 155 これで見ると茨城の被害大きいゾ

被災した児童・生徒の受け入れとして 各地の自治体が動き出してます 北九州市では 区役所に相談窓口が あと市営住宅100戸が半年提供されると

|

« 東日本大震災(34) | トップページ | 西鉄のIC乗車券(30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災(35):

« 東日本大震災(34) | トップページ | 西鉄のIC乗車券(30) »