« 東日本大震災(33) | トップページ | 東日本大震災(35) »

2011年3月19日 (土)

東日本大震災(34)

まず 福島の原発 東北電力からの送電で冷却装置が生き返るかどうかの作業が行われています それと消防による放水も 30キロ圏内にある病院から他のエリアへの転送も全力でヾ(;´Д`A

Chousidenntetsu 埼玉県にある スーパーアリーナというところに福島県の一つの街から約2000人をまとめて退避させることになったそうです 移動手段はどうするのでしょ バスかなΣ(・ω・ノ)ノ!

福岡市役所のページを覗いたら 被災者向けの相談窓口をこの3連休もあけるそうです 救援物資については分からないので 県庁のほうを そしたら 福岡・北九州両市へのリンクが 福岡では レトルト食品・カップめん・水のペットボトル・紙おむつ・おしりふき・尿取りパッド・生理用ナプキン・トイレットペーパー・ウェットティッシュ・箱ティッシュ 北九州はこれに加えて タオル・毛布・衣類・マスクが そして受け入れ態勢が整っていないので 現時点では情報提供のみとm(_ _)m

|

« 東日本大震災(33) | トップページ | 東日本大震災(35) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災(34):

« 東日本大震災(33) | トップページ | 東日本大震災(35) »