2018年11月14日 (水)

十七歳・五里霧中

タイトルを変えました それまでの内容は「文化・芸術」のカテゴリーで heart01

 清二の学業は一学期の期末で130番と振るわなかった。山田は引退したら警察官の採用試験を目指すと公言したが、変に難易度の低い大学に行くよりもいいのではないかと進路の先生も言っていた。

 インターハイ予選の個人は山田と杉原に決まった。杉原は初戦で一本負け、山田はベスト8まで進んだが、地方大会をかけた戦いでH商工のキャプテンに突きを食らって一本負けした。

 団体は白川・村井・清二・末次・山田で、スタンバイ要員が世良と弘中で届けられた。一番最初のU高校戦は先鋒が引き分け、村井の相手は一年生で、出鼻の面と面抜き胴で二本勝ちを収めた。清二と末次は引き分け、山田が小手一本で勝って二回戦に進んだ。

 次の相手はI高校である。白川が足首を痛めたらしく、世良と交代した。その世良は小手で一本負け、村井は引き分けで戻った。ここはなんとしても追いつこうと清二は攻め崩して打つことを意識しつづけた。相手の手元が浮いたのを逃さず胴を抜いて一本勝ちした。

 末次は相手の反撃を許してしまった。試合中盤に面を食らい、取り戻しに出て小手を打たれた。最後は山田が清二と同じように攻め崩して胴を抜いたが、勝者数が並んで本数の差で敗退した。

 新チームは清二がキャプテンで白川が副キャプテン、弘中が幹事となった。八月に入ってすぐ、四・五段の審査が行われた。品川が四段挑戦できるのは次の二月だが、副顧問の稽古相手ということで連日やってきた。大学は七月中旬からクラブが休みとなっていて体をなませらない目的もあった。

 副顧問は四段に合格し、盆の前後には帰省した大学生も交えての稽古が続いた。自分の進路も少しずつ意識するようにしていたが、大学なのかあるいは高卒で警察・自衛隊・消防・刑務所に入るのか考えるようになった。実業団となると電力やJR・NTTという選択もあるよというアドバイスもあった。

| | コメント (0)

駅に向かいます

駅に
駅に
八幡製鉄の一番古い高炉はこれからも存在しつづけます で反対側の歩道から シャトル模型の姿を キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

| | コメント (0)

飛鳥Ⅱ 鹿児島→高知→神戸

三月十三日午後五時に出発 十四日の朝十時から午後五時まで高知に 十五日の朝九時には神戸です ship

9万4000円から47万2000円で happy02

| | コメント (0)

2018年11月13日 (火)

微妙に角度を変えて

微妙
微妙
スペースシャトルの最後の姿を もっと違う角度も考えたけど 天気よくないし モジモジ(。_。*)))

| | コメント (0)

晴れ渡った空が

広がりました 昨日とは全く別で sun

大リーグでは 大谷選手が新人王に 二刀では初めての快挙です baseball

大相撲はキセノン三連敗 決断のときなのかなぁ despair

ビーバー総理とアメリカの副大統領が会談 まっ heartspadediamondclub大統領に何かあっても・・・

| | コメント (0)

スペースワールドへの

スペース
スペース
歩道橋は通行できなくなっていました で下に下りてフェンスのそばからシャトルを ぎりぎりいっぱいですなぁ Σ(゚д゚;)

| | コメント (0)

十六歳・七転八倒(14)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 準々決勝の第一試合は白川と消防士である。合い面勝負で取ってそのまま逃げ切った。清二と末次の対決も一本の重みがのしかかる展開となり、清二の面と末次の返し胴が旗の差で清二となった。末次の即頭部よりも自分の腹のほうがダメージが大きい気もしたが、審判を味方に引き入れたのが大きかった。

 山田は村井を小手で退けた。面と見せての小手が抜き胴に行こうとした村井の右手首を断ち切った。世良も一本勝ちして準決勝は四人全員がY高校という組み合わせである。

 白川はいきなり清二の胴を抜きに来た。胴ではなく垂れに当たっていたのが幸いした。今度は清二が白川を面打ちに誘い出して胴を抜いた。こちらは快音がして審判の旗がいっせいに上った。二本目は小手・面を白川が仕掛けてきた。清二が面に返そうとしたのがわずかに遅れて追いつかれた。

 最後は清二が乾坤一擲の面に出た。白川が胴を抜きに来たが、自分の竹刀の物うちが白川の左面に当たってから臍の前で白川の竹刀がはじけた。審判はみな清二の面に上げていた。

 山田と世良の対決は山田が合い面勝負で先制した。世良は小手から胴への変化を使って追いついた。山田がかすかにうなづくのを感じた。最後は世良が剣先を下げたところを山田が突きに出た。世良の体が後ろにふわりと飛んで、終了である。

 清二と山田の決勝は反則二回による山田の一本勝ちだった。どちらも胴がらみ清二の飛び込み胴が不十分で場外オーバーラン、引き胴をブロックされたはずみで竹刀が「飛行物体」と化した。

「一瞬無重力を体験しただろ」

 表彰式のあと世良に末次が声をかけた。末次はさらに清二にも「胴を取られたら突いてくるような気がしていたよ」と言った。「すると村井が胴を決めてたら突かれたかな」と清二が言うと山田が「こいつは手ごわいなと思ったら突くからね」と言って笑みを浮かべた。

 次はタイトルを変えて進めます birthday 十七歳になるから・・・

| | コメント (0)

解体作業が

解体
解体
来週に始まるそうです 最後の姿を駅を出てすぐのところと歩道橋から (TωT)ノ~~~ バイバイ

| | コメント (0)

十六歳・七転八倒(13)

前回までの内容は「文化・芸術」のカテゴリーでご覧ください m(_ _)m

 春の市民大会は小中学生の試合の手伝いをして午後から十代男子の部に出場した。Y高校は12人 Y商工が13人 Y大学が10人、消防士が一人で36人がエントリーした。副顧問は二十代男子に出場である。

「兄貴どうしていか」

 Y大学の工学部に入った品川が清二に声をかけた。剣道部にも入って清二といきなり対戦することになった。

「39の竹刀で素振りだけしてますよ」と清二は答えた。

 弘中で小手で一本勝ちした。白川も面で一本勝ち、品川と清二の試合も互いになかなか有効が決まらなかった。品川に面帰し胴を浴びて旗が一本だけ上がったが、終了が近づいたところで品川の小手を清二が面に抜いて勝ち抜いた。

 副顧問は清二が対戦した刑務官と一回戦で当たった。互いに面一本ずつで延長に入り、刑務官が小手で勝った。

 山県は商工の二年生と戦った。上段からの面はまだ力不足で、つばぜり合いになってから引き胴を決められた。末次は面と小手でストレート勝ち、山田と同様である。

 村井と野村の相手はY大学の一年生だった。二人とも小手から胴への技で先手をとり、村井は小手返し面、野村は面返し胴でストレート勝ちである。世良は引き面を取ってから、面返し胴を決めた。

 青木の試合は面と小手を奪われてのストレート負けだった。杉原はまず面返し胴を取り、つばぜり合いからの引き面を食らったが、最後は小手返し面で突き放した。

 岡野が二人勝ち残りとの試合に臨んだが面二本まけを喫した。それから弘中と白川の対決となって白川が面を奪った。弘中が得意な返し胴はワンテンポ遅れていた。

 清二の二戦目の相手は岡野を倒した商工の一年生だったが、出小手で一本勝ちした。もっと早く決着できるはずだが、有効にならなかったのが何本もあった。末次は二回戦も面で一本勝ちを納めた。

 山田の二戦目は出鼻面をいきなり奪い、二本目も相手の手元が浮いたところを抜き胴で沈めた。村井と野村は互いに面返し胴を一本ずつ、最後は会い面勝負で村井に旗が上がった。

 世良は二戦目も面と小手のストレート勝ち、杉原は面で一本負けしてベスト8に残ったのは六人である。

| | コメント (0)

スペースワールド駅にて

駅
駅
上は表示板 今のところ駅名変更という話は・・・ 下は小倉方面へのホームからの景色です (* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0)

«飛鳥Ⅱ 博多から沖縄 そして